スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年齢の変化による雑誌好み

今号から連載が始まった「プロチチ」を読み、心が痛々しいい気持ちになりつつ、

最近イブニングがしっくりくる年頃になってきたと感じています。

というのも「週刊少年ジャンプ」で読みたい。と思える作品がないことが大きいです。

ジャンプで目を通すのは、次週予告からで、「H×H」の復活を確認するため
(復活したらネットで話題になり確認する必要もありませんが)

であって、これといって読むものはありません。

サンデーでは「銀の匙」が始まり読みものが増えましたが、

大学生の頃までは、週のはじめの月曜日にワクワクしていた気分はすっかりなくなり、
(月曜日は「スピリッツ」「ヤンマガ」「少年ジャンプ」)

「ゴラク」が発売される金曜日が山場になっています。

未だにジャンプが発行部数で300万近く誇り、

「日本人」の人口比率から考えると40人に1人近くが、

購入なりしている計算になります。

電車にのっていると30代ぐらいの方で、

ジャンプを読んでいる姿を見るにつけ、何を読んでいるか気になります。
スポンサーサイト

共働きはつらいよ

実家の本棚に、記憶ははっきりしていないが、

「共働きはつらいよ」というタイトルの本があった。

かくいう私の両親は教師同士の共働きであったため、

両親が購入したのだと思うのだが…。


現在子どもを一人育てながらフルタイムで働いているが、至難の技で、

私の個人的な記憶として、

小学校に上がるまでは同じ町内の祖父母の家でメインで暮らし、

週末になると両親の家で過ごしていたのだが、

幼稚園の思い出で両親の思い出が物凄く希薄なのはそのためだろう。

もし町内といわず市内に暮らしていたら、

1週間の大半を預ける(助けを請う)ことになっていると思う。


実際本日も駒込の祖父母に預け、退社後迎えに行ったが、

預かってもらうことで、やっと回っているのが現実で、

帰り道の常磐線や山手線でも見知らぬ人が抱っこや相手をしてくれて、

物凄く助けられ、嬉しくて涙が出そうになった。


完全な核家族やシングルの人は、どうやってやりくりしているか、

時々報道される事件(ネグレクトやDV)を見聞きするたび、

があと一つあればと思ってしまう。
プロフィール

itomako

Author:itomako




Restart!!!

おみくじ
Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。