スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法律はとてもおもしろい!!

最近の働き始めたことで、労働基準法によく目を通します。

新しく勤めている会社は、塾を経営しており、

今回学童保育を行うにあたって、NPO法人を立ち上げたわけですが、

様々な点で疑問や問題が山積みです。


?バイトの人数
学童保育を行う際には、健常児19人以下に指導員2人、障碍児2人につき指導員1人をつける義務があります。
健常児が20人を超えた場合指導員の数は3人になります。

事業所は2箇所で行い、
施設Aでは健常児6人障碍児1人なので、3人が必要になります。

施設Bでは健常児18人障碍児4名なので、4人指導員が必要です。

しかし、アルバイトの人数は計6名で、人数が足りません。

?就業規則の明示
雇用された場合、就業の条件等を明示しなければなりません。(労働基準法15条)
しかし、文章なりの明示はされていません。

理由はアルバイト6人の賃金が微妙に違うためで、
教員免許もしくは保育士免許を持つものに対して賃金を高くし、
持たない人には賃金を低くしているのですが、
バイトの仕事内容の違いはなく、そのため言及されません。

?サービス就業
学童保育の開始時刻は8時に設定されています。
しかし、施設から車で15分以上離れた集合場所に迎車しなければなりません。
求人内容では、8時から勤務となっていますが、
少なくとも7時半には出勤し巡回しなければなりません。

雇用主は明言していませんが、迎車時間は雰囲気的にサービス就業になりそうです。


何か問題が発生した場合、労働監督署や、町役場に働きがけが必要になりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itomako

Author:itomako




Restart!!!

おみくじ
Twitter
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。